吉田裕秋

アニメに出演する声優【吉田裕秋】ならアニメDB

声優【吉田裕秋】出演アニメ

薄桜鬼~御伽草子~

【不知火 匡】吉田裕秋

薄桜鬼 雪華録

【不知火 匡】吉田裕秋
慶応二年十二月、京――。
新撰組と行動を共にする雪村千鶴は、新撰組襲撃を画策する不逞浪士の噂を聞き、芸妓に化けて島原に潜入することになる。
のちに時代とともに激動してゆく新撰組の、京での活躍の日々が描かれる。

薄桜鬼 碧血録

【不知火 匡】吉田裕秋
二六〇年余り続いた江戸時代が終焉を迎え、明治という新たな時代が幕を開け始める。
しかし、そこには士道を貫かんと、身命を賭して戦い続ける男たちがいた。
薩長土を中心とした旧幕府軍との鮮烈な争い―戊辰戦争に身を投じていく新撰組。
自らの宿命に手繰り寄せられるように、彼らは苛烈な道へ歩みを進めていく。
慶応四年一月。鳥羽伏見の戦いに敗れ、江戸へ戻った新撰組。
新政府軍との再戦を望む彼らに待っていたのは、甲府城で敵を迎え撃つこと。
己の信じた士道に従い戦いを諦めない土方らに、千鶴も決意をもって接することとなる。
また、新たな勢力の拡大によって、羅刹と鬼の関係にも変化が生じていくのだった。

薄桜鬼

【不知火 匡】吉田裕秋
文久三年十二月――幕末。
父を探しに京を訪れた少女・雪村千鶴は、"人斬り集団"と恐れられる新撰組に出会う。
千鶴の父が研究していた秘薬、その薬によって生み出される血に飢えた化け物たち。薩摩や長州に属する"鬼"と呼ばれる人外の者たちの存在。
そして、千鶴自身の秘密――。

幕末から明治という激動の時代に武士道を貫き、最後まで「誠」の旗を掲げ続けた男たちと、彼らと共に生きることを選んだ一人の少女の物語。
声優【吉田裕秋】出演アニメ