古川登志夫

アニメに出演する声優【古川登志夫】ならアニメDB

声優【古川登志夫】出演アニメ

ドラゴンボール超(スーパー)

【ピッコロ】古川登志夫

うしおととら

12話
【山ン本】古川登志夫

WORLD TRIGGER ワールドトリガー

23話
【エネドラ】古川登志夫
三門市。人口28万人。
ある日この町に異世界への門が開いた。
「近界民(ネイバー)」後にそう呼ばれる異次元からの侵略者が門付近の地域を蹂躙、街は恐怖に包まれた。
近界民に地球上の兵器は効果が薄く、都市の壊滅は時間の問題と思われた。
しかし、その時突如現れた謎の一団が近界民を撃退。
近界民の技術を独自に研究し、「こちら側」の世界を守るため戦う組織、界境防衛器官「ボーダー」。彼らはわずかな期間で巨大な基地を作り上げ、近界民に対する防衛体制を整えた。
それから4年。門は依然として開いているにも拘わらず、三門市を出て行く人間は驚くほど少ない。

中学生の三雲修もまた、ボーダーに所属していた。
ある日、修のクラスに転校生がやってきた。空閑遊真と名乗った少年は、何故かボーダーの人間にのみ携帯を許される「トリガー」と呼ばれる武器を持っていた。
修に問いただされた遊真は言う。
『俺は門の向こうの世界から来た。お前らが言うとこの「近界民」ってやつだ』
遊真と修、二人の物語が動き始める。

ドラゴンボール改(魔人ブウ編)

【ピッコロ】古川登志夫
セルとの死闘から7年。
平和が訪れた地球で、高校生活を始めた孫悟飯は、ひょんなことから天下一武道会に出場することになる。
父親である孫悟空も、武道会出場のため"あの世"から参戦!
天下一武道会で、ドラゴンチームが全員集合する!

再開の余韻に浸る間もなく、対戦が決まるが…
武道会の最中、謎の人物・シンの登場で事態は急展開!
悟空たちは、シンから破壊と殺戮のために生まれてきた恐ろしい"魔人ブウ"を魔導師バビディが復活させるという計画を知らされる。

たった数年で、何百という星を死の星に変えた魔人ブウは、玉に封印され、地球に持ち込まれていたというのだが…。

果たして悟空、悟飯たちは、全宇宙を救うべく魔人ブウ復活計画を阻止することができるのか?
ドラゴンチームの新たなる闘いがはじまる!

ドラゴンボール改

【ピッコロ】古川登志夫
1989年の4月に放送された「ドラゴンボールZ」も今年で放送開始20周年!!
そんな記念すべき2009年に“鳥山明オリジナルカット版”として「ドラゴンボールZ」の世界が帰ってきます。
最新技術で蘇るキレイで鮮やかな映像と、音楽一新の音響、そしてお馴染みの豪華キャストの大集結で送る新シリーズ!!

鋼の錬金術師 シャンバラを征く者

【エリック・ヤン・ハヌッセン】古川登志夫
舞台は1923年のドイツ(ワイマール共和国)にあるミュンヘン。当時のドイツでは、第一次世界大戦敗戦後のインフレに伴う貧困に喘ぎながら、それでも人々が懸命に生きていた。

アニメ最終話で現実世界へ飛ばされたエドワード・エルリックは18歳になり、錬金術世界へ戻るためにロケット工学を研究していたが、先の見えない現実に焦燥していた。その頃、エドの同居人で「自らの手でロケットを作りたい」と夢見る少年、アルフォンス・ハイデリヒは、パトロンを得て念願のロケット製作に着手する。しかしその裏には、謎の組織・トゥーレ協会の陰謀が隠されていた。

あるとき、街で行われたカーニバルに来ていたエドは1人の女性、ノーアに出会った。ノーアには、自分が触った相手の心の中や記憶を観ることができるという不思議な力があった。ノーアは「ジプシー」と呼ばれる被差別民族で、自分たちのことは「ロマ」と呼んでいた。そんなノーアと出会ったエドは、次第にドイツで起ころうとしている壮大な計画へ巻き込まれてゆく。そしてそれは同時に、錬金術世界の破滅の危機をも意味していた。

一方、錬金術世界のアメストリスで13歳に成長したアルフォンス・エルリックは、エドを探す旅に出る。エドとともに旅した4年間の記憶を失くしていたアルは、大切な思い出とともに希望が時に予想だにしない悲劇を引き起こすことになるということも、忘れていた。「兄さんに会いたい」という、その純粋な想いの果てに悲劇が待っているとは知らずに。

引き裂かれた兄弟、シャンバラを求める者、門の鍵を為す者。様々な人間の思惑と欲望を孕み、物語の幕は再び上がる。

交響詩篇エウレカセブン

25話
【ウィリアム・B・バクスター】古川登志夫
スカブ・コーラルと呼ばれる珊瑚のような大地が地表を覆い、目に見えない未知の粒子トラパーの波が大気中を漂う、とある惑星。

その辺境の街ベルフォレストに住む14歳の少年レントンにとって、世の中は「最悪」で満ちていた。彼の亡き父アドロックは教科書にも載るほどの世界的英雄。しかし、そんな父や失踪中の姉のことで級友にはからかわれ、空想を廻らせニヤニヤすればクラスの女子に「気持ち悪い」と囁かれる。そして英雄の息子らしからぬ成績の酷さに担任は頭を抱え、一緒に暮らす頑固者の祖父アクセルは家業の機械整備屋を継げと口うるさい。

そんな彼にとって唯一とも言える楽しみは、トラパーの波に乗って滑空する空中サーフィン、リフをすること。憧れの天才リフボーダー、ホランドの得意技カットバックドロップターンが自分にも出来る筈だと信じ、懲りずに日々チャレンジすること。しかし辺境の街にイイ波がくることもなく、練習してもなかなか上手くならない。付近で唯一のリフボード屋も街を去り、挙げ句にお気に入りのリフスポットは軍の演習場となり立ち入り禁止になる。

北斗の拳

【シン】古川登志夫

機動戦士ガンダム

【カイ・シデン】古川登志夫
声優【古川登志夫】出演アニメ