かかずゆみ

アニメに出演する声優【かかずゆみ】ならアニメDB

声優【かかずゆみ】出演アニメ

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!

【マジカルサファイア】かかずゆみ

かみさまみならい ヒミツのここたま

【おシャキ】かかずゆみ
小学5年生の四葉こころはちょっと不器用だけど優しい女の子。
「モノにはみんな魂がある」というおばあちゃんの教えを守り、モノを大切している。
そんなある日、こころが大切にしている色鉛筆からモノのかみさま・ここたまが生まれた!
名前はラキたま。
ここたまは人に見つかってはいけないという決まりがあるのだが、ラキたまは生まれて早々こころに姿を見られてしまう!
見つかってしまったことをきっかけに2人は「ヒミツのけいやく」を結ぶことになるのだが…。

精霊使いの剣舞

【フレイヤ・グランドル】かかずゆみ
清らかな乙女にのみ許された特権―精霊契約。
元素精霊界より精霊を召喚し、その力を自在に使役する姫巫女たちを人々は精霊使いと呼んだ。

男にして唯一その特権を有するカゼハヤ・カミトは、過去の因縁から、精霊使いとして訓練を積む姫巫女たちが集められたアレイシア精霊学院へとやってくる。
そこで告げられたのは学院に編入し、姫巫女たちとチームを組んで、最強の精霊使いを決める<精霊剣舞祭>に出場し、優勝すること。
優勝すればどんな願いも一つだけ叶えられるという<精霊剣舞祭>を巡り、それぞれの願いを胸に秘めた姫乙女たちと過去に抗う一人の少年の運命の物語が動き出す。

頭文字D Fifth Stage

【沙雪】かかずゆみ

ぬらりひょんの孫~千年魔京~

【毛倡妓】かかずゆみ
奴良リクオは一見はごく普通の中学生だが、実は彼は妖怪「ぬらりひょん」の孫で、4分の1妖怪の血を継いでいる。家にいる妖怪達と毎日どたばたと付き合いながら何とか普通の生活を送っている。
幼い頃、祖父から色々と武勇伝を聞かされ、妖怪とはかっこいいものであると思っていた。しかし、ある日友人との会話から、妖怪が人間から馬鹿にされる存在であることを知ってしまう……。

ぬらりひょんの孫

【毛倡妓】かかずゆみ
主人公・奴良リクオは一見はごく普通の中学生。しかし実は妖怪「ぬらりひょん」の孫。4分の1妖怪の血を継いでいる。家にいる妖怪たちと毎日どたばたと付き合いながらなんとか普通の生活を送っている。
幼い頃、祖父から色々と武勇伝を聞かされ、妖怪とはかっこいいものであると思っていた。
しかし、ある日友人との会話から、妖怪が人間から馬鹿にされる存在であることを知ってしまうが…。

創聖のアクエリオン

【シルヴィア】かかずゆみ
創聖紀0011年の地球――人類は、その人口の2/3を失っていた。
11年前の大異変が原因である。
南極の氷が溶解し、1万2千年前に滅びたはずのアトランディア出現、翼をもつ"堕天翅族"が蘇った。彼らは生物機械兵器"神話獣"を次々と人類の都市に送り込み、人間を捕獲していった。生体エネルギー"プラーナ"を摂取するためである。

一方、人類は反撃を期して、海底遺跡から3機のハイブリッド戦闘機"ベクターマシン"を発掘していた。1万2千年前、堕天翅族を滅亡へと追い込んだとされる伝説の兵器である。ベクターマシンが合体することにより、"機械天使アクエリオン"が姿を現す。

アクエリオンを動かすには、マシンの機械生命と感応、共鳴できる"エレメント"と呼ばれる人間が必要だ。それには特に鋭敏な五感や純真な魂が要求されるため、10代半ばの少年少女たちがパイロットとして集められた。

そして、ついに"機械天使アクエリオン"の合体するときが来た……。

魔法遣いに大切なこと

【川原 多佳子】かかずゆみ
この物語の舞台は、現代の東京です。
でも、この世界では“魔法遣い”という存在が普通に認知されています。しかしそのほかは、私たちの住むこの世界となんら違いがありません。テレビも携帯電話もパソコンもあります。車だってガソリンで走っているし、電車や飛行機だって、科学の力で動いています。ただ身の回りに魔法遣いが居て、正式な手続きさえ取れば、誰でも魔法遣いに魔法を依頼することが出来るのです。

ヒカルの碁

【藤崎 あかり】かかずゆみ

仙界伝 封神演義

【妲己】かかずゆみ

頭文字D

【沙雪】かかずゆみ
声優【かかずゆみ】出演アニメ