水谷優子

アニメに出演する声優【水谷優子】ならアニメDB

声優【水谷優子】出演アニメ

愛・天地無用!

【美星】水谷優子

暴れん坊力士!! 松太郎

【南 令子】水谷優子
昭和の長崎。閉鎖を余儀なくされている炭鉱の町で、母と4人の兄弟とともに暮らす松太郎は、成人しているにもかかわらず今もまだ中学3年生。
ろくに勉強もせず、怪力を武器にやりたい放題のダメ生徒だ。
そんな松太郎が学校に行く目的は、憧れの南先生の存在だった。
ある日、松太郎は強引に南先生をトラックに乗せ、ドライブへ。
甘いスポーツカー・デートを妄想しながら爆走する松太郎だが、その行動が思わぬ結果を生んでしまい…!?

魔法遣いに大切なこと

【幸子さん】水谷優子
この物語の舞台は、現代の東京です。
でも、この世界では“魔法遣い”という存在が普通に認知されています。しかしそのほかは、私たちの住むこの世界となんら違いがありません。テレビも携帯電話もパソコンもあります。車だってガソリンで走っているし、電車や飛行機だって、科学の力で動いています。ただ身の回りに魔法遣いが居て、正式な手続きさえ取れば、誰でも魔法遣いに魔法を依頼することが出来るのです。

ふしぎの海のナディア

【マリー】水谷優子
時は、1889年。花の都パリでは、万国博覧会が華やかに開催されていた。世界中の科学や文化の粋が集まったそのイベントに、人々は来たるべき20世紀、科学万能の時代の到来を予感し、夢見ていた…。そんな科学の進歩は地球を急激に狭くしつつあったが、まだまだ未知なるロマンと冒険があふれた時代でもあった。
そんな中、世界中の海で謎の巨大生物"海獣"が出没し人々を恐怖に陥れていた。その海獣によって父親が行方不明になってしまった発明好きの少年・ジャンは、万国博覧会の会場で謎の少女・ナディアに出会う。ナディアに一目ぼれしたジャンは、ひょんなことからナディアとともに冒険へと旅立つことに―。

彼らを待ちうける運命とはいったい?

ちびまる子ちゃん

【さくらさきこ】水谷優子
1974年から1975年の昭和50年代初期に、静岡県清水市(現:静岡県静岡市清水区)の入江地区で少女時代を過ごした、作者のさくらももこの投影である小学校3年生の「ちびまる子ちゃん」が、家族、友達とともに繰り広げる日常生活を描いた、笑いあり、涙ありのコメディである。

YAWARA! a fashionable judo girl!

【アンナ・テレシコワ】水谷優子
天才柔道家の祖父、猪熊滋悟郎の元で3歳から稽古に明け暮れている「普通」の少女・猪熊 柔が、祖父滋悟郎に大学進学・就職で一方的に決めつけられ、恋愛においてもほとんど許されないなか、祖父滋悟郎の凄さは実感しつつ反発していながらも、徐々に天性の才能を発揮・自覚し、日本国内を始め世界のスポーツの祭典アトランタオリンピックまで雄飛してゆく姿を描く柔道恋愛漫画作品である。祖父の口癖が「金メダル」と「国民栄誉賞」で、主人公の柔にその2つを受賞させるべく奮闘している。しかし当の柔は、本当に強い相手と勝負する時には純粋に柔道を楽しみつつ、いわゆる賞にはほぼ興味がなく、序盤は普通の女の子への願望で柔道をやめたがっていた。中・終盤は父、猪熊虎滋郎への複雑な思い出と、劇的な再会、高校時代のジョディ・ロックウェルの突然の訪問、三葉女子短期大学での、普通の女子大生になりたいと思いつつ、柔とほぼ同じ境遇でプリマを目指しながら挫折した伊東(後に、花園)富士子などの様々な人物との出会いにより、次第に自分の柔道に対する思いに正直になり、成長していく。

天空戦記シュラト

【蓬莱山のラクシュ】水谷優子
格闘好きな高校生として生活していた日高秋亜人(シュラト)と黒木凱(ガイ)。だが、2人は空手の試合中、大きな光に包まれた。一人目を覚ましたシュラトは、調和神ヴィシュヌから、ここは人間界とは異なる世界「天空界」であり、自分はもともと天空界の住人で1万年以上も前の大戦で命を落とした八部衆の一人「修羅王」であったと聞かされる。

だが、その直後、デーヴァ神軍の雷帝インドラが突如反乱を起こし、ヴィシュヌを石に変え、その罪をシュラトに被せて討伐の命令を下す。ヴィシュヌの最後の力で遥か遠い地へ飛ばされたシュラトたちは、インドラを倒しヴィシュヌと天空界を救うために天空殿を目指して旅立つ。

彼らの前に立ちはだかるのは、かつての仲間たち。そして、その中には夜叉王として転生し執拗にシュラトの命を狙うガイの姿もあった。

時はサーマ暦9989年…。

シティハンター

24話
【善美】水谷優子
声優【水谷優子】出演アニメ