小栗旬

アニメに出演する声優【小栗旬】ならアニメDB

声優【小栗旬】出演アニメ

信長協奏曲 -のぶながコンツェルト-

【ナレーション】小栗旬
ごくごく普通の今どき高校生サブロー。
そんなサブローがひょんなことから飛ばされたのは、なんと戦国時代!
そう、彼はタイムスリップしてしまったのである。

自分の人生に日本の歴史なんてこれっぽっちも関係ないと思っていたサブロー。
そんな彼がこの時代で出会ったのは、あの織田信長であった。
歴史上とは似ても似つかないほど病弱な信長に、更に驚くべき頼み事をされる。
それは、信長とサブローが入れ替わることであった…

乱世で生きることとなってしまった平成育ち信長の、奔走奮闘記!!

RAINBOW -二舎六房の七人-

【水上 真理雄】小栗旬
昭和30年。罪を犯し「湘南と区別少年院」・二舎六房に堕ちた水上真理雄(通称マリオ)たち6人の少年。
ケンカ、リンチが繰り返される毎日の中、彼らは同房にいた年上の桜木六郎太(通称アンチャン)の教えを胸に、不条理と向き合い、強く生きていく—。

鋼の錬金術師 シャンバラを征く者

【アルフォンス・ハイデリヒ】小栗旬
舞台は1923年のドイツ(ワイマール共和国)にあるミュンヘン。当時のドイツでは、第一次世界大戦敗戦後のインフレに伴う貧困に喘ぎながら、それでも人々が懸命に生きていた。

アニメ最終話で現実世界へ飛ばされたエドワード・エルリックは18歳になり、錬金術世界へ戻るためにロケット工学を研究していたが、先の見えない現実に焦燥していた。その頃、エドの同居人で「自らの手でロケットを作りたい」と夢見る少年、アルフォンス・ハイデリヒは、パトロンを得て念願のロケット製作に着手する。しかしその裏には、謎の組織・トゥーレ協会の陰謀が隠されていた。

あるとき、街で行われたカーニバルに来ていたエドは1人の女性、ノーアに出会った。ノーアには、自分が触った相手の心の中や記憶を観ることができるという不思議な力があった。ノーアは「ジプシー」と呼ばれる被差別民族で、自分たちのことは「ロマ」と呼んでいた。そんなノーアと出会ったエドは、次第にドイツで起ころうとしている壮大な計画へ巻き込まれてゆく。そしてそれは同時に、錬金術世界の破滅の危機をも意味していた。

一方、錬金術世界のアメストリスで13歳に成長したアルフォンス・エルリックは、エドを探す旅に出る。エドとともに旅した4年間の記憶を失くしていたアルは、大切な思い出とともに希望が時に予想だにしない悲劇を引き起こすことになるということも、忘れていた。「兄さんに会いたい」という、その純粋な想いの果てに悲劇が待っているとは知らずに。

引き裂かれた兄弟、シャンバラを求める者、門の鍵を為す者。様々な人間の思惑と欲望を孕み、物語の幕は再び上がる。
声優【小栗旬】出演アニメ